金融工学者が否定!?チャートのテクニカル分析の本音

FXで利益を得る為には、チャートのテクニカル分析が必須と言われています。過去の為替ルートの値動きがグラフ化となっているので、そこから市場の全体的な方向性やパターンを把握し、今後の価格の値動きを予想するというものです。過去の情報があれば、似たような状況に陥った時、だいたい同じような行動をする可能性が高いと思われます。その為、人はどのように動くのか、そして値動きにはどのような変化が見られるのか予測しやすくなるのです。

テクニカル分析で必要なものは、チャートと、チャートの見方や使い方の基礎知識です。この2つさえ兼ね揃えておけば、相場の動きを一目見ただけで把握することができます。その為、日本だけでなく世界中で多くの人が相場分析として活用しています。しかしテクニカル分析は100%当たるという保証はないので、決して鵜呑みにしてはいけないのが難点でもあります。これに関しては多くの金融工学者や経済学者も言っていることです。「根拠が無く科学的に証明はできない」と否定されているのも事実ですが、何のデータもない状態でFX取引を行うよりは参考になるものがあったほうが心強いと感じるのではないでしょうか。金融工学者や経済学者の意見も間違いではありませんが、参考にする程度であればチャートのテクニカル分析を身につけておいても損はないはずです。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*